お中元の送り状の文例

お中元の送り状の文例

お中元の送り状の文例をご存知ですか。
お中元は目上の方や会社の取引先などへ贈る事をいいますが、その際に品物と一緒に送り状を添えて渡す事で印象が良くなる場合があります。

 

では一般的なお中元の送り状の文例としては、まず取引をしている会社と代表取締役の名前を書いてから、拝啓〜と始まります。

 

文面の内容次第では相手に不快感を抱かせてしまうという場合もありますので、内容については慎重になる必要があります。
しかしあまり形式にこだわりすぎると、義理という感じが全面に出てしまいますので気をつけましょう。

 

やはりビジネスの相手のお中元の送り状の文例は、あまり慣れ慣れしくなってはいけませんので例文などを活用する事をお薦めします。

 

そこで時候の挨拶は欠かすことができない文面となります。例えば「長かった梅雨もようやくあけ、いよいよ夏が到来しました」などです。
そして時候の挨拶に始まり末文の挨拶で終わる形が一番きれいにまとまります。「今後とも変わらぬご指導を宜しくお願いします」という形です。

 

あくまでもお中元の送り状の文例で大切なのが、相手に対しての感謝の気持ちを表現できているかです。その気持ちを文面に表現できればまず大丈夫でしょう。

 

>>お中元で迷うなら、お勧めはコチラ<<