お中元の礼状

お中元の礼状

お中元の礼状について。
お中元のお礼状はどのような時に渡すのでしょうか。
それはビジネスの際にこのお礼状を贈る時があります。例えばお中元を取引先より贈られてきたけれども、社内の規定により贈り返さなければならないケースです。その時にこのお中元の礼状を一緒に添付します。この時にせっかく贈って頂いたので失礼がないように配慮しなければなりません。

 

他にもビジネスではなく個人向けでお中元のお礼状を渡すケースもありますので、予め文例などをチェックしておくといいですね。
ではお中元の礼状のマナーをご紹介します。まずはお中元が届いたらなるべく早めに礼状を出すようにしましょう。

 

一般的にお中元が届いてから3日以内に出すと相手に対しても失礼にあたりません。更に最近ではメールなどでお礼を述べても差し支えなくなりました。
更にお中元の礼状の文例として一般的には、時候の挨拶をしてからお礼と感想を述べて最後に結びの言葉をして敬具で締めます。
この一連の流れを覚えておけば、お中元のお礼状を出す際に悩む必要はありませんね。

 

会社関係や取引先にお礼状を出す場合は、なるべく封筒に入れて出すように心掛けましょう。以上の事を守れば相手に失礼なく対応する事ができるでしょう。

 

>>お中元で迷うなら、お勧めはコチラ<<