お中元を贈る時期

お中元を贈る時期

お中元を贈る時期について見てみましょう。
お中元とは良く耳にするしきたりですが、実際にお中元の由来まで詳しく知っている方は少ないようです。
一般的に伝えられているのが、日本古来の1年を2回に分けると、その節目が7月15日になります。
その事を中元と呼ぶそうです。その時期に先祖のお供え物をしたり、日頃お世話になった人に贈り物をした事から、呼び方がお中元とされたようですね。

 

昔はお中元を直接自宅に持って行くのが普通でしたが、最近では遠方の方などにはデパートから直接贈るケースが主流となってきました。
ではお中元を贈る時期についてはですが、地域によっても異なります。一般的には7月の始め頃から15日までとされています。

 

しかし関西の地域においては8月の始め頃から15日までにお中元を贈るという風習があります。
このような事からお中元を贈る時期については地方のよって若干のずれがある事が分かります。

 

お中元を贈る時期は多少ずれる事はあるにしても、贈る日にちがずれてしまった場合暑中見舞いから残暑お見舞いと名前が変わりますので注意が必要です。
お中元を贈る時期を誤ってしまったために、取引先から不信感を抱かれてしまうケースもあるようなので十分に気をつけなけらばなりません。

 

>>お中元で迷うなら、お勧めはコチラ<<