お中元 郵便局

お中元とは?

お中元とは?詳しい中身をご説明しましょう〜。
元々お中元は毎年行われる年中行事となっています。

 

本来は旧暦7月15日とされていますが、日本の場合では新暦7月15日、8月15日とされています。
その時期に日頃からお世話になっている方へ感謝の気持ちを込めて贈り物をします。この習慣がお中元と言われているのです。

 

これでお中元とは?という質問に対しては説明できるのではないかと思いますが、もっと詳しいお中元のルールも一緒にご説明します〜。

 

お中元を贈る時期については先ほどもご説明しましたが、地域によって多少のずれがあります。
まずは東日本ですが7月の始めから15日頃までとされているのに対して、西日本では8月の始めから15日までとなっているようです。しかし最近では地域に関係なく7月の中頃までにお中元を贈るようになってきているようですね。

 

お中元とは取引先へ贈る事もよくありますが、金額の相場というのも覚えておくといいかもしれませんね。
一般的には3,000円から5,000円ほどとされていますので、その範囲内で商品を選ぶといいでしょう。

 

しかしお中元とは感謝の気持ちを表すものなので何を贈ってもいいという訳ではありませんので気をつけて下さい。一般的には履物類や時計、筆記用具などは避けるようになっています。

 

>>お中元で迷うなら、お勧めはコチラ<<