お中元の渡し方

お中元の渡し方

お中元の渡し方について決まりはあるのか調べてみました。

 

お中元はいつでも渡していいものではありません。お中元の定義としては、日頃お世話になっている会社や取引先などに礼儀を持って贈るものです。

 

時期は7月の上旬から中頃にかけてというのが目安になります。そしてお中元を贈る際には、相手がもらって不快感を覚えるものではいけません。
相手にお中元を贈る物として喜ばれているのは、ビールやゼリーなど夏の時期に合う物で日持ちするものとなっているようです。日持ちするものとして最近では、商品券などを贈るケースも多く見られるようです。

 

そしてお中元の渡し方ですが、以前に風習としては直接お中元を持って伺う事が一般的とされていましたが、現在は宅配などを利用してお中元を渡す事が増えてきました。
その際には挨拶状を添えるようにすれば相手に対しても失礼にあたりませんね。そしてお中元が届く頃になったら電話を入れて直接感謝の気持ちを伝えましょう。

 

もしお中元を渡す時期が遅くなってしまったらお中元ではなく、暑中見舞いあるいは残暑お見舞いとして贈るのもマナーです。お中元の渡し方については細かな配慮が必要になりますが、一番大切なのは感謝の気持ちを伝える事です。

 

>>お中元で迷うなら、お勧めはコチラ<<