お中元とお歳暮の違いついて

お中元とお歳暮の違いついて

お中元とお歳暮の違いついて詳しくご説明しましょう〜。
まずはお中元についてですが、お中元は日頃お世話になっている方へ感謝の気持ちを込めて贈り物を贈る習慣の事を言います。
またこれからも宜しくお願いしますという意味もあります。そしてお中元を贈る時期は毎年7月上旬から7月15日頃とされています。ここで覚えておいてほしいのが、関西地域においては7月上旬から8月15日までとなっており地域によっても贈るタイミングというのは異なってきます。

 

お中元とお歳暮の違いついて、次にお歳暮について見てみましょう。お歳暮もお中元と意味する事は一緒になります。
時期でいうと12月上旬から12月20日頃となっています。時期を見ても1年間お世話になり感謝しますという意味で贈られます。

 

お中元もお歳暮も日頃の感謝の気持ちを表すのに贈り物を贈る事になりますので、品物も慎重に選ばないと失礼にあたります。
しかしいつもこの時期になると、何を贈ったらいいのか悩んでしまう方が多いと思います。そんな時に役に立つのが、郵便局のギフトになります。
郵便局のギフトなら知名度もあり絶対の信頼があるのが特徴です。お中元やお歳暮を贈る時は宅配を利用する方も多いので、全国各地に店舗がある郵便局なら宅配の時でも安心ですよね〜。

 

以上の事からもお中元とお歳暮の違いついて、それぞれのルールを把握しておくといいかもしれませんね。

 

>>お中元で迷うなら、お勧めはコチラ<<